鼻整形に永久的効果は期待できるのか?


思い切って鼻整形するのだから、できる事なら永久的な効果を得たいところですよね。
しかし、残念ながら今の日本には“永久的”に形成した鼻を維持していく効果のある施術方法は存在していません。
整形した鼻は、メンテナンスをしない限りどんなに長くても十数年後には劣化してきてしまうものです。

 

特に今流行りのプチ整形と言われているヒアルロン酸注射は、早い段階で体内に吸収されていくため半年〜1年間程で元に戻ってしまうとされています。
そのため長く効果を維持していきたいのなら、数ヶ月おきにヒアルロン酸を再注入する必要があると言われています。
しかし、鼻にまだヒアルロン酸が残っているケースもあり、頻繁に入れてしまう事で余計に変な形の鼻になる可能性もあるというから判断が難しいところです。

 

 

じゃあどの施術方法にしたらいいの?


メンテナンスさえ怠らなければ“半永久的”な効果を得られる施術方法はあります。
それが、プロテーゼ隆鼻術自家組織移植手術です。

 

プロテーゼ隆鼻術による鼻整形

鼻筋にプロテーゼという人工軟骨を挿入する事で、理想の鼻へ形成していく施術方法になります。
挿入する際鼻の中を切開する必要はありますが、基本メスを入れるのは表面からは見えない内側なので、目立つ傷跡を心配する必要はありません。
プロテーゼ隆鼻術は、成功しその後何の問題もなければ10年以上は効果を維持していく事ができます。

 

ただ、人間は歳を重ねるにつれて、皮膚に衰えが出てきてしまうものです。
プロテーゼは人間の加齢に合わせて変化するものではないので、歳をとると逆に違和感のある鼻立ちになってしまう可能性があるのです。
皮膚も薄くなってくるのでプロテーゼが中で曲がったり移動したりして、不自然に鼻が変形してしまうケースも考えられます。
そのため、プロテーゼ隆鼻術は定期的なメンテナンスを推奨しており、半永久的な効果が期待できると銘打っているのです。

 

メンテナンスってどんな事するの?

プロテーゼの抜去、もしくは入れ替え手術を行う事になります。
クリニックによって金額は異なりますが、当然メンテナンスにも相応の費用が発生します。
そのため、入れ替えは諦めて比較的安い抜去という選択をする方が多いようです。
また、抜去を選択した後は高く形成された鼻が元に戻る事になるので、ショックを受ける事にもなるでしょう。

 

ただ、抜去も入れ替えも行わずそのまま放置しておくと、どのような状態になるか分かりません。

プロテーゼを入れてから長い期間経った後で、鼻に違和感を感じ始めたら、すぐにでも医師に相談するようにしましょう。

 

自家組織移植手術とは?

プロテーゼと同じく、半永久的な効果が期待できる施術方法とされています。
耳などから採取した自身の組織を鼻に移植する事で、形成していく術式になります。
自身の組織を入れていくので、体が異物として拒否反応を起こす心配もなく、安全性の高いおすすめの鼻整形となっています。

 

ただ高い持続性は期待できますが、プロテーゼのように劇的な変化を遂げる事はできません。
また自身の組織は時間の経過と共に鼻に定着していくため、万が一失敗しても修正ができないというデメリットが挙げられます。

 


 

鼻整形は、どの施術においても永久的な効果を得る事はできません。
半永久的効果が期待できる施術方法でも、メンテナンスが必要となり相応のリスクを伴う事になります。
メリットの多い施術でも決して良い事ばかりではないので、その事をしっかり理解した上で医師とよく話し合って決めていくいようにしましょう。

 

 

京都で鼻整形をしたい方におすすめクリニックや鼻整形に必要な費用、各施術の詳細などについて興味のある方はトップページへどうぞ。