鼻整形|後遺症が残る可能性について


鼻整形には、後遺症というリスクがつきものです。
どんなに安全性が高いと銘打っている施術方法でも、運悪く腕の悪い医師に当たってしまえば一生取り返しのつかない事になりかねません。
これはある病院で鼻整形した方のお話なのですが、本来1〜2週間程で引くはずの腫れが全くとれず、綺麗に整うどころか元々の形よりも低く太い鼻に、なってしまったというのです。
その後さまざまな施術方法で修正できるか相談したそうですが、結局元に戻す事はできなかったそうです。

 

このような事態を避けるためには良い医師かどうかを見極める事がまず重要となってくる訳ですが、患者側としても後遺症のリスクについてはよく頭に入れておく事が大切です。
例えば、今気軽に受けられる事で人気となっているヒアルロン酸注入術も、医師の技量によって以下のような症状に見舞われる事があるようです。

 

鼻の皮膚が腐る可能性

ヒアルロン酸は、ただ鼻に注入すればいいという訳ではありません。
希望する鼻、患者の顔立ちに合わせて自然な鼻に形成できるよう、適切な量と注入位置を計算して施術してくれているのです。
注射するだけならどんな医師でも出来ると思われがちですが、簡単に出来る整形術だからこそ経験や実績がものを言う訳です。

 

確かにヒアルロン酸は元々体にある成分のひとつなので、他の術式よりも安全性が高いと言われています。
しかし万が一必要以上のヒアルロン酸を鼻に注入してしまうと、本来届くべき栄養素がヒアルロン酸に邪魔されてしまい、最悪皮膚が腐ってしまう危険性も考えられるのです。
もちろん、今までにそのような事例があったという報告はどこにも挙がっていません。
ですが、どんな施術方法でも恐ろしい後遺症が残る可能性はある、という事だけは頭に入れておいてほしいのです。

 

鼻は特に顔立ちに関わる重要なパーツの一部です。
信頼できる医師と入念な話し合いを行い、よく考えた上で鼻整形をしていくようにしましょう。

 

数年後に劣化する可能性について

よく整形疑惑のある芸能人を見て「段々劣化してきた」などとコメントしている方を見かけます。

確かに鼻整形に永久的効果のある術式は存在しませんが、実際年月が経つにつれて崩れていく可能性はあるのか、気になるところですよね。
簡単に言うと、やはり医師の腕によって異なるとしか言いようがありません。

 

人間の皮膚や顔つきは、人それぞれ違います。
皮膚が薄い方、厚い方などそれぞれの状態に合わせて適切な施術を行わないと、数年後徐々に鼻の形が崩れてきてしまう可能性があるのです。
特にシリコンプロテーゼは変化しないまま鼻の中に残る事になるので、年齢に伴う皮膚の衰えにより違和感が生じてきてしまいます。
しかし中には「10年経ったけど何の変化もない」と満足気に語っている方も見受けられます。
この違いは良い腕の医師により行われた施術の結果と言えるでしょう。

 


 

ちょっとしたプチ整形と言っても、顔をい弄るという事は相応の覚悟が必要になってきます。
決して何のリスクもなく気軽に受けられるものではないという事を頭に入れ、自身が心から信頼できると思った医師を見つけるようにしましょう。

 

 

京都で鼻整形をしたい方におすすめクリニックや鼻整形に必要な費用、各施術の詳細などについて興味のある方はトップページへどうぞ。